FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

原宿つれづれ探険記~mimizuku社長のひとりごと~

  : 

原宿で起業して4年。 季節の移り変わりとともに、原宿の風景とつれづれなる言葉で 社長の日々を綴ります。

梅雨の晴れ間のイエロー。 

今日は快晴。
暑いぐらいの初夏の1日。

図書館の帰り道、
黄色い花の笑顔ダッシュ。

幸せ呼ぶのか・・・イエローフラワー。
yellow.jpg
久しぶりの、
太陽の、
晴れ間の眩しさ。

太陽のせいには出来ない。

鬱積する季節の、
太陽は貴重だ。

5月も今日でおしまい。
あっという間の、
人生のスピードに、

呆れ、
驚く。

旅の雑誌の海外の地名。
イスタンブール、パリ、ニューヨーク・・・。

仕事ばかりしてて、
1度の人生、

どうするか?!

せめてもの、
路傍の花たちに、

賛辞。

さてさて、
明日から水無月の始まり。

少し回復基調の業績を肩に、
希望を持って、前へ進まん。
nature  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

姫になりたし。 

姫になりたし・・・姫如苑。
姫になりたし・・・ヒメジョオン。

hime.jpg
ゴミ捨て場のすぐ近く。
白い雑草、
咲いていた。

生れながらの、雑草なりが、
秘めたる想いも、
有るだろう。

有るだろう。
あるはずだ。

姫になりたし・・・ヒメジョオン。

雑草だけど、
太陽、見上げてた。

よく見れば、
あなたの真ん中・・・太陽みたい。

春は、
いろいろ。

想いも、揺れて。
nature  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

咲いた・・・咲いたか??? 

チューリップ、
咲いてた。

春の、のどかな光の中、
チューリップが
咲いてたよ。

銀行の帰り。
会社の事務所に向かう道の、そのすがら。
綺麗なもんだ。

cyu.jpg
木蓮から櫻。
沈丁花から菜の花。
ハナミズキも輝いてるな。
の花盛り。

綺麗なもんだ。

とは言え、
簡単ではない
毎日の憂鬱。

人に語れぬこともあるさね!

それでも、
まばゆき花の精に励まされ。
励まされ。

ゴールデンウイークをはずした時期に、
ひっそりと海、
見に行こう。

ひねもすのたりの、
あいつに逢いに。

春の日は、
幻想のごときもの。
幻のごときもの。
nature  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

雨と夜のあいだに。 

雨があがった。
やっと、濡れなくなった。
昨日も今日も雨で、沈んだ気分。

大好きで、履きやすい、
メンズ館の高かった革靴も、

残念ながら、小さな穴があいてるようで、
冷たい足元の・・・2日間だったなあ。

やっと、
雨、
止みました。

amenoato.jpg
そして、
夜に向かう夕刻。

明治神宮の森も、
少しずつ息吹き。

桜も散りしが、

な~に、
次は新緑の若葉のそろいぶみ。

春と共に、
進まん。
行かん。
nature  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

散らされ・・・桜。 

やはり、
この娘に、
触れねばなるまい。

春の美しさと清らかさの代名詞。
おまえは・・桜。

3月23日に満開になり、
経て、4日。

今日は、気温9℃の、
散らしの雨だ。

あるいは、散らされの雨。
chirasare1.jpg

少し、
花びらの歪み、
でも・・・まだ、

散らない意志。
chirasare2.jpg
寄り添う姿が、
愛おしい。

ずっと、
頑張ってきたけれど。

の、気落ちもあるが。

だいたいは、
低気圧の雨のせい。

chirasare4.jpg
落ちる肩。

相変わらずの雨空なれど。

chirasare3.jpg
少しほほえむ勇気もあるさ。

もう、4月の初めには、
散ってるだろう、
この花たちに、もらった

続ける・・・勇気。

今年の桜も、
ありがたき。
有り難き。
nature  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

白い木蓮が好きだ! 

好きなのは、
白い木蓮。
mokuren1.jpg
別れの季節に、静かに咲くこの花が、
好きだ。

白い木蓮が、
好きだ。

派手さはないが、
清楚であろう。

清楚であって、
素直であろう。

奢らずに行こう!
感謝で行こう!

うまくいかないこともあるさ。

焦らずにいこう。

そんな気持ちにさせてくれる、
白いモクレンが、
俺は、好きだ。

nature  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

秘めたる・・・。 

himetaru.jpg
椿。

たくさんの堅い蕾も、
少しだけ色付き。

今日も、暖かい1日だから、
躍動の春に向かうんだ。

造花のように咲いた花は、
他の仲間より、少し早咲きだ。

その、
秘めたる心は・・・何?

葉の陰ながら、
はっきりとした、自惚れの佇まいは、

それでもなぜか、
色っぽい。

3.11も過ぎ、
なんでもない春の日に、
出会った椿一凛。

それぞれの復興を祈りつつ、
明日に向かわん。
nature  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

梅は巡りて。 

梅は巡りて、
今年の春。

事務所の横の老梅を、
誓いの梅と名付けてから、
早2年。

今年も、
梅は・・・咲く。

ume1.jpg
それぞれの、
この2年。

どんな時間だったのだろう?

気持ちを込めて、
生きてきたはずだよね!

ume2.jpg
たとえ、
今の、目の前の景色が、

あまり素敵でないとしても、
せめて、
梅を愛で、桃を愛し、桜を誉める。

そんな自分で、
有りたいと想う。

そんな人で、
あろうと思う。
nature  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

赤い実、見っけ。 

なにもない・・・11月。

紅葉と木枯らしとマフラーと。

気温は下がり、
コンコンの咳。
みんなは、
元気で、やってる・・・のかな???

見上げた空に、
宝石のような・・・赤い実、
見っけ!!

何もない、11月の青空に、
似合う、
似合うね!!!
赤い実が。

akaimi.jpg
繰り返しの毎日。
毎日の繰り返し。

風にも負けず、
寒さにも負けず、
繰り返すことの勇気を胸に、
とりあえず・・・クリスマスまで。

頑張って、
頑張って。
nature  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

真っ白な明日。 

簡単ではない。

自分を知らない人に、
能力や、可能性をつたえること。

さらに、その人の、
過去の何かが、
棘のように、明日を拒んだら。

そりゃあ、
大変です。

第1印象って、
仕事でも・・・大事。

それでも、一歩一歩の前進・・・ですか。

hana.jpg
この花は、
なんて云う花・・・だろう。
人間が決めた名前に、
興味も、ないとは思うが。

この花、
ずっと・・・咲いてる。
夏の始めから、
たとえば、今日まで。

右にいくか、左にいくか、あるいは、引きかえすか???
日々の最高会議の結論。

だよな。

それでも、
それぞれの明日は、
真っ白で、

夢は、願うものだけに・・・叶うか・・・?!

秋は、
始まったばかり也。
nature  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top